住宅助成金

在宅高齢者・重度障害者住宅改造助成事業

高齢者や障害者がいる家庭が自宅改造をする場合、市町村から助成金が出る場合があります。申請の細かい決まりや限度額は各市町村の条例で定められていますので、各市町村に問い合わせる事になりますが、概ねの流れは次のようになっています。

① 助成金の交付申請書提出

② 市町村による審査

③ 許可が出たら工事開始

④ 工事完了

⑤ 助成金の交付請求書提出

⑥ 市町村による工事完了の確認

⑦ 助成金支払

申請は工事見積書・見取図と一緒に工事箇所の写真の提出をします。写真は工事前の写真となりますので、助成金申請予定は必ず事前にご相談下さい。工事が開始されてからでは市町村の審査が出来ず、助成金の申請が出来なくなりますのでご注意下さい。

各市町村にいる社会福祉士が、申請の相談に乗ってくれる場合があります。相談員が分からない時は当社に相談ください。

【行政の対応窓口】
各市町村の高齢者福祉課・社会福祉課など